Call for Papers

Call for Papers

TISLR 14 invites unpublished research from any theoretical perspective that addresses sign languages. Keynote presentations, organized sessions, and poster sessions will be included on such topics as:

  • phonetics and phonology of sign languages
  • prosody of sign languages
  • morphology of sign languages
  • syntax of sign languages
  • semantics and pragmatics of sign languages
  • the emergence of sign languages in a historical context
  • sign language acquisition in L1/L2 environments
  • bilingualism and multilingualism of sign languages
  • sociolinguistic variation and change in sign languages-
  • sign language discourse analysis
  • sign linguistic ethnography
  • sign linguistic anthropology
  • sign language and education
  • applied sign linguistics
  • neurolinguistics/psycholinguistics of sign languages
  • sign language and artistic endeavors (including poetry and literature)
  • computational modelling, recognition, and synthesis of sign languages
  • sign language documentation/corpus linguistics
  • the relationship between sign language and gesture

The program will have no parallel sessions. We plan to have approx. 30 signed/spoken presentations (20 minutes and 10 minutes discussion) and three poster sessions.

[Submission of papers]

Abstracts can be submitted in one of the following languages: Japanese Sign Language, American Sign Language, International Sign and English. Please note that the abstracts must not be anonymized. Written abstracts should include the name(s) of the author(s) following the title. Signed abstracts should start with the name(s) of the author(s). The written abstract must not be longer than two pages (including tables, examples, and references), in 12-point type, single-line spacing and 2.5 cm margins. The signed abstract must not be significantly longer than 5 minutes. There is a maximum of 3 submissions per author, either as single author or joint co-author.

[Important Dates]

April 30, 2021 The conference web site and EasyChair for submission of abstracts are currently scheduled to be available
Sept 30, 2021 Deadline for submission
Feb 28, 2022 Notification of acceptance

Abstracts should be submitted through the TISLR 14 EasyChair web page. For written abstracts, please upload a pdf. For signed abstracts, please upload a link to the video.

Please contact the TISLR 14 organizers (TISLR14_org@minpaku.ac.jp) if you have any questions – especially about the submission of video abstracts.

◎ Call for Papers: 5 Minutes SIGNopsis

The Five Minute SIGNopsis is a contest at TISLR 14 during which 10 selected junior sign language linguists will present their research in a concise, informative, and engaging way. Each presenter will prepare a five-minute video in which they introduce a topic of their choosing in a lively, accessible manner using any visual aids they deem helpful. The presentations should be directed at a lay audience and should present an interesting piece of data, exciting new ideas, new takes on existing theories and/or linguistic-related engagements in Deaf communities.

Ph.D. students and Early Career Researchers (up to 5 years after their degree) are highly encouraged to submit an abstract. The abstract is to be prepared in any sign language with English captions. Please note that the abstracts must not be anonymized. Written abstracts should include the name(s) of the author(s) following the title. Signed abstracts should start with the name(s) of the author(s). The abstract must not be longer than 500 words or a 3-minute video.

◎ Important Dates:

October 20, 2021 Deadline for submission for 5-minute SIGNopsis
March 31, 2022 Notification of acceptance


発表の募集

発表の募集:

TISLR 14では、理論的観点から手話を扱う未発表の研究を募集します。基調講演・研究発表・ポスター発表では、以下のようなトピックを含みます。

  • 手話音声学・手話音韻論
  • 手話の韻律
  • 手話形態論
  • 手話統語論
  • 手話意味論と手話語用論
  • 歴史的文脈から見た手話の発生
  • L1/L2環境での手話獲得・習得
  • 手話のバイリンガリズム・マルチリンガリズム
  • 手話の社会言語学的多様性と変化-
  • 手話の談話分析
  • 手話民族学
  • 手話人類学
  • 手話と教育
  • 手話の応用言語学
  • 手話の神経言語学/心理言語学
  • 手話と芸術活動(ポエムや文学を含む)
  • 手話の計算モデル・認識・合成
  • 手話のドキュメンテーション/コーパス言語学
  • 手話とジェスチャーの関係

パラレルセッションはありません。計30件ほどの手話・口頭での発表(20分の発表、10分のディスカッション)と、期間中3回のポスターセッションを予定しています。

発表応募手続き:

発表要旨は、日本手話・アメリカ手話・国際手話・英語のいずれかの言語で投稿が可能です。 匿名の要旨は受け付けられませんのでご注意下さい。 書面による要旨は、題名の後に発表者名を記載してください。手話動画の要旨の場合は、冒頭で発表者名を述べてください。 書面による発表要旨は2ページ以内(図表・例・参考文献含む)で、文字サイズは12ポイント、シングルスペースで、上下左右の余白は2.5 cmで作成してください。 手話動画による要旨の場合は、5分を大幅に超えない長さで作成してください。発表者1名につき、単著・共著に関わらず応募は3件までとします。

重要な日程:

2021年4月30日: 公式HP及びEasyChair(要旨提出用ウェブサイト)公開
2021年9月30日: 応募締め切り
2022年2月28日: 審査結果の通知

発表要旨は、下記のEasyChairのTISLR14のサイトで受け付けます。 書面の要旨の場合は、pdfファイルをアップロードしてください。 手話動画による要旨の場合は、動画へのリンクをアップロードしてください。

応募受付用ページ:https://easychair.org/conferences/?conf=tislr14

ご不明な点がある場合や、手話動画による要旨については、TISLR 14主催者まで (TISLR14_org@minpaku.ac.jp)事前にお問い合わせください。

発表募集:5 Minutes SIGNopsis(研究紹介コンテスト)

5 Minutes SIGNopsisは、TISLR 14で行われるコンテストです。 事前審査で選ばれた10人の若手研究者が自分が行っている手話研究を、短い時間で聴衆の参考になる形でアピールします。 発表者は各自が選んだトピックを、効果的なビジュアルを用いて、生き生きとわかりやすく紹介するための5分間の動画を作成します。 興味深いデータ・聴衆の期待が高まるような新しいアイデア・既存の理論の新しい解釈など、ろうコミュニティに関わる言語学関連の活動を一般聴衆に紹介する発表が対象となります。

博士課程の大学院生およびキャリア初期の研究者(学位取得後5年以内)は、ぜひ参加してください。要旨は任意の手話で作成し、英語字幕をつけてください。匿名の要旨は受け付けられませんのでご注意下さい。 書面による要旨は、題名の後に発表者名を記載してください。手話動画の要旨の場合は、冒頭で発表者名を述べてください。 書面による発表要旨は500字以内で、手話動画による要旨の場合は、3分を超えない長さで作成してください。

重要な日程:

2021年10月20日: 5 Minutes SIGNopsis 動画要旨の提出締め切り
2022年3月31日: 審査結果の通知